インフォメーション - 最新エントリー

日時:平成25年7月28日(日)14:30〜16:30(14時開場) 会場:県西生涯学習センター(多目的ホール)    茨城県筑西市野殿1371 TEL 0296-24-1151(代表) 第一部:基調講演 テーマ『肝がんの予防』  座長:東京医科大茨城医療センター病院長 松崎靖司先生  演者:筑波大学附属病院消化器内科講師 福田邦明先生     東京医科大茨城医療センター消化器内科准教授 池上正先生     ホスピタル坂東消化器内科医長 吉田正先生 第二部:皆様の質問にお答えする Q&A テーマ:「慢性間疾患の最新の治療」 司会:東京医科大学茨城医療センター病院長 松崎靖司先生  回答する先生:第一部の演者の先生    問い合わせ先:東京医科大学茨城医療センター 総務課 杉本(029-887-1161)    
C型肝炎について知ろう! 専門医があなたの疑問にお答えします。 日時:平成25年3月30日(土)14:00開演 会場:鹿嶋勤労文化会館  TEL 0299-83-5911 講演1「C型肝炎の病態」 小山記念病院副院長 池田 和穂先生 講演2「C型肝炎の最新情報」東京医科大学茨城医療センター   消化器内科准教授 池上 正先生 15:00〜16:00「ズバリ!専門医があなたの疑問にお答えします」 パネリスト:松崎靖司先生(東京医科大学茨城医療センター) 池上 正先生(東京医科大学茨城医療センター)  田中直見先生(小山記念病院) 池田和穂先生(小山記念病院) 長野具雄先生(神栖済生会病院) 長山和宜先生(なめかた地域総合病院) 順不同  お問い合わせ:MSD株式会社「鹿嶋市民公開講座」       TEL:フリーダイヤル0120-860-744   (受付時間祝祭除く 月〜金9:00〜18:00)  FAX:028-610-8878  *お手数ですが質問のある方は、FAXをお願い致します。
体を温め、体温を1度あげることで、免疫力が10%上がるといわれています。以下を参考に風邪に負けない体つくりをしましょう! 1、朝食は必ず摂る。(噛むことや食べ物を消化吸収するために内蔵が働き、体を中から温める。また温かい食べ物を摂ることで体が温まる) 大根、タマネギ、にんにく、ブロッコリー、キャベツなどは体を温める。 2、炭水化物・脂肪を摂る。脂肪は少量でエネルギーになり体を温める。 3、肉・魚・卵などのタンパク質は代謝をよくして体を温める。 ミソ、醤油、大豆などは、体を温める作用に優れるほか腸内細菌の活動を活発にさせ免疫力の向上につながる。 4、くだものなどのビタミン類をたくさん摂る。   ビタミンC、ウイルスを外へ出す働きをする。   ビタミンA、鼻や喉などの粘膜を強くする働きがある。 5、体を動かし体温を上げれば、体も温まり血流改善にもなる。   体に無理な負担をかけないウォーキングがおすすめです。   

ノロウイルスの予防

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
yatabe 2012-12-10 13:32
ノロウイルス感染は、2枚貝(牡蠣など)の生食によるものが多いですが、集団感染の大半は、ヒトからヒトへの感染で広がっていくようです。この感染力は極めて強力です。 最も重要な予防法は、手洗いやうがいです。 また下記についての予防も重要です。 1、調理の前後で手洗いを徹底すること 2、貝類などを調理する時には、加熱を十分にして、まな板や包丁は直ぐに熱湯消毒する。 3、衣類や物品、嘔吐を洗い流した場所の消毒には、次亜塩素酸系消毒剤を使用(家庭用   漂白剤の場合は、約200倍程度に薄める) 4、3の汚れた衣類を他のものと一緒にすると大きな感染源になります。マスク、手袋をし  て水洗い後、塩素系消毒剤で洗う事を勧めます。      参考資料:国立感染症研究所 www.ask.com/ 厚生労働省 idsc.nih.go.jp   国立感染症研究所

熱中症を正しく理解しましょう

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
yatabe 2012-7-13 10:54
汗をかかなくても熱中症になります。 正しい知識と予防方法や対処方法を知り、熱い夏をのりきりましょう! www.kakuredassui.jp/
日 時 2012年7月28日(土)     14:00−16:30(終了時間が早まる場合があります) 会 場 (株)日立製作所 日立総合病院 A棟5階AB会議室       茨城県日立市城南町二丁目1番1号  電話0294-23-1111 参加費 無料(事前申し込み不要ですが、120名まで) 座  長  岡  裕爾(株式会社日立製作所 茨城病院センタ センタ長) 講 演1 「C型肝炎の最新治療-C型肝炎は治せる時代へ!-」  池上 正 先生(東京医科大学茨城医療センター 消化器内科科長・准教授) 講 演2 「昔の常識は今非常識!? B型肝炎の治療」    鴨志田 敏郎(株式会社日立製作所 日立総合病院 内科主任医長                   兼 肝疾患相談支援センタ長) 講 演3 「肝硬変、肝細胞癌の内科的治療」  石川 晶久(株式会社日立製作所 日立総合病院 内科主任医長) 講 演4 「肝細胞癌の外科的治療」  上田 和光(株式会社日立製作所 日立総合病院 外科主任医長) 総 括  「肝炎患者さんの発掘啓蒙・診療連携について」  岡  裕爾(株式会社日立製作所 茨城病院センタ センタ長) <問い合わせ> 日立製作所日立総合病院 総務グループ         0294−23−1111

患者・家族の喘息教室

カテゴリ : 
イベント案内
執筆 : 
yatabe 2012-4-23 10:21
日時:平成24年5月27日(日) 14:00〜16:00 会場:茨城県総合福祉会館(水戸市千波町、県庁近く) 第1部 講演:正しい喘息の予防法と治療法」 講師:坂本 透先生 筑波大学准教授 呼吸器内科 第2部    喘息なんでも相談会    *成人・小児喘息について話し合い 助言者    坂本 透 (筑波大学 准教授 呼吸器内科)    村上 迪 (茨城県ピア相談員・日喘連喘息コンサルタント)    親見佳代子(茨城県ピア相談員)    川 のり子(茨城県ピア相談員) 連絡先    村野 茂(いばらき野バラの会)    TEL:029−822−4405  
いばらき野バラの会も創設以来今年で10周年を迎えることが出来ました。その間、多くの方々のご指導・ご支援をいただき今日に至りましたこと感謝申し上げます。今回、喘息の日本的名医であります清水 巍先生をお迎えして、下記の通り講演会を開催するはこびとなりました。  これを機会に、喘息患者の皆様が喘息について学び、お互いに励ましあい助け合いながら交流の輪を広げ、多くの方々が快方に向かい、健康で明るい生活が送れるよう願っています。 1 催事名 いばらき野バラの会創設10周年記念「喘息患者の集い」 2 日 時 平成23年10月2日(日) 13:00〜16:00 3 主 催 ・「いばらき野バラの会」 4 共 催 ・茨城県難病団体連絡協議会    々 ・ NPO法人 市民のための健康・医療ネットワーク 5 後 援 ・土浦市 ・土浦市教育委員会 ・茨城県土浦保健所        ・つくば市教育委員会 ・茨城県つくば保健所  6 会 場 ・県南生涯学習センター  ウララビル(イトーヨーカ堂5階)        土浦市大和町9−18 029−822−1101 7 講 師 ・清水 巍先生 石川県金沢 城北病院副院長 日本喘息患者会連絡会顧問 8 参 加 費 ・無料 9 対 象 ・成人喘息患者及び小児喘息の子供を持つ家族 10 日 程 第1部 13:00 ・開会セレモニー 13:30 ・記念講演 清水 巍先生 内科、アレルギー科、呼吸器科医師 第2部 14:40 ・ 体験発表       ・ 医療話し合い グループに分かれて話し合い        ( 喘息発作時の対応や薬のこと、日常生活、悩み 等 )        喘息コンサルタント ・わかば会名誉会長・山本 信治様        ・個別面談 清水先生と直に相談 (同時進行)   16:00  閉会 開催責任者 茨城喘息患者の集い「いばらき野バラの会」 会 長 村 野 茂 住 所 茨城県土浦市小岩田東2―9−12 TEL・FAX 029−822−4405
日時:平成23年9月24日(土)午後2時30分〜5時 場所:取手北相馬保健医療センター医師会病院    取手市野々井1926 TEL 029-78-6111(代表) 第1部:基調講演       座長:東京医科大学茨城医療センター センター長 松 靖司 先生  『C型肝炎からの肝がん抑止に向けて』       講師:日本大学医学部 消化器内科学 教授 森山 光彦 先生 第2部:皆様の質問にお答えする Q&A         司会:東京医科大学茨城医療センター センター長 松 靖司 先生  テーマ『慢性肝疾患の最新の治療』  【回答する先生方】  酒井 義法 先生(土浦協同病院消化器内科 部長)  池上 正 先生 (東京医科大学茨城医療センター 消化器内科 准教授)  
便利な情報



コミュニティ
サイト情報