理事長からのメッセージ
 私どものNPO法人「市民のための健康・医療ネットワーク」は、市民、行政、医療機関、企業や研究者、全員が輪となって手をつなぐということが重要であると考えております。
 本NPO活動の基本をまとめてみます。
市民のため、患者さんや市民の方々に医療情報などを還元することが大切です。ですから、まず医学の進歩・研究の成果を医療機関、市民と共に共有するための講演会、勉強会などの開催を行うことが大事です。
 次に科学に基づいた医療とヘルスケア、健康増進を進行していくために、インフォームドコンセントと言われる患者さんと医療従事者の間のしっかりとした説明と承諾がなくてはいけません。
両者間で信頼関係を構築するという努力をしなくてはいけないということです。さらには患者・市民、医療機関が一体となって、企業さらには行政との連携をはかり、医療における諸問題の解決策を広い視野から共に考えることです。
 情報の電子化の確立が重要です。これは病院間をいわゆるITを有効に駆使して、医療情報を整備しそれを活用し、サービスを提供することです。
 私たちNPOの仕事に関連した重要な課題として、人に優しい街づくりがあります。現在茨城県におきまして「つくばスマートコリドール構想」という構想があります。平成17年に秋葉原とつくばを「つくばエクスプレス」が開通しました。IT化を促進し、より住みやすい新しい街を作ろうという計画です。新しい都市計画に医療・福祉サービスというソフトを埋め込む目的で、私どもNPO法人はつくばスマートコリドール構想推進協議会に参加し、健康・医療・福祉情報を発信するホームページを開きました。
新しい街の中にいかにしてこれからの高齢化時代に対して、住みやすい、いい街づくりをするか、ということを皆様方と一緒に創り上げていければと考えております。
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

COHMNETメニュー
COHMNET104© 2010-2015 NPO_COHMNET